筆文字で人生も仕事も変革せよ!

限界を超える2つのシンプルな方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

● 限界を超える2つのシンプルな方法

おかげさまで。汚いとおもっていた字が人に喜ばれる筆文字になる個性筆教室の草刈正年です。

無料ビデオセミナーでは自分の限界を超えるというワークをビデオで配信してます。そしてそこで自分の限界について質問をしています。

色々な限界に関するメールをいただくのですが。今回のメールは面白かったので紹介します。

限界を感じていることを書きます。

エクセルの表計算⇒足し算や引き算掛け算割り算、選んで足すとか簡単なのはできますが、CSVで吐き出したものを張り付ければ自動で計算してくれるシートを作成するなど限界です。

どう頑張っても無理です。

 

かなりマニアックな限界の紹介でした。そして僕はこれについてこう答えさせてもらいました。

自分の限界を超える方法は2つあると思います。

1.自分が限界を超える事

2.自分が限界を超えるのをあきらめる事

 

1の場合は、固定概念を取ると実はできたりします。例えばこんな言葉を使ってみるとか。

もしやりたいと思っていることがほかの人ができていることなら、調べるないし、勉強することでそれはできます。

できないのは調べてないし勉強してないからです。

できないという固定概念を捨てたら、限界はなくなるはずです。

ただ!それを苦しんでそれをやるとそれは大変です。

 

調査や勉強が苦しみになるなら、自分が限界を超えることをあきらめるといいです。

何かというと。

 

『できる人にお願いすることです』

 

できる人は探せばいくらでもいます。ネットで探せば仕事でやってくれる方もいます。

自分が限界を超えることをあきらめると、実はとっても楽に生きられたりします。

 

競争から共に創るへ

 

あきらめることで自分にできることで人の力になり、できないことは人と一緒に創る共創が作れるんです。 

 

自分が限界を突破するか、それともあきらめるか?

どちらも決められないと苦しんでしまうんですね。

今持っている限界を突破するか?あきらめるか?どちらか決めちゃいましょう。

その決定をしないといつまでも前に進めませんよ。

ということで、個性筆お悩み診断でした(笑)

それでも悩むようでしたら、誰かを巻き込んで悩む方法もありますよ。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 筆文字革命-筆文字で人生も仕事も変革せよ- , 2014 All Rights Reserved.