共創自分LIVE!見たことのない自分をつくりみたことのないLIVEをつくる6ヶ月の冒険!

共創自分LIVE!見たことのない自分をつくりみたことのないLIVEをつくる6ヶ月の冒険!

2017年8月!第1期生LIVEイベント開催!参加申込受付中!

IMG_1348
共創自分LIVE2017~表現・挑戦・連鎖~

 

君は、冒険しているかい?
君は、挑戦しているかい?

充実感を味わっているかい?
伝えたいことに向き合っているかい?
本当に自分がやりたいことに向き合っているかい?

冒険とは、自分でつくるもの。

見たことのない世界を創り出すんだ。
見たことのない自分に会いに行くんだ。

この冒険は
半年間、仲間とともに大海原に出る。
自分と向き合い、伝えたい想いの旗を立て、
その旗を君らしく人に見せて進む旅だ。

僕はもう船に乗って、君を待ってる。

君は、自分の船に乗って、僕のもとに来てほしい。

君は一人じゃない。
一緒に冒険に挑戦する仲間がいる。

さあ !一緒に見たことない自分と世界をつくる冒険の旅に出よう。

ibiza-1769548_1920

草刈正年

 

表現の見本市をやらないかい
見たことない自分をつくり。
見たことないLIVEを作らないか?

自分が今できることの領域を超えたら自分の個性が顔をだす。

IMG_3997
自分が本当にやりたいこと、やってみたいことに今一度向き合う6ヶ月を過ごしませんか?

今何か表現ツールを持って活動している人も。
まだ何か自分の表現の可能性を探している人も。

自分が人に伝えたい想いに向き合い。そこからそれを人に伝える見たこともない自分の個性を活かした表現をつくりませんか?

一人だとしんどいし、自分のことは自分ではわからないこともある。だからみんなで共創する場をつくります。そして、あなたの伝えたい想いを、あなたらしく人に伝える表現方法をつくる挑戦をします。

人は完成されたものに感動するが、不完全なものにも感動する。

baby-1387700_1280
きっと半年で完成された自分の表現は作れない。なぜなら完成されたものには数が伴うから。でもそれでいい。

誰が人に見せるものは完成されたものだけしかいけないと決めたのだろうか?

人は不完全なものにも感動する。子供が運動会で、できない跳び箱を何度も挑戦している姿に人は感動する。

自分が伝えたい想いを、下手でも、不器用でも、一生懸命伝える姿。それを見せる場があってもいいじゃないか。

そしてその姿はきっと完成されたものを見るより、人の心に『自分もやりたことに挑戦してみたい』という気持ちを灯す。

僕は見たことない『不完全なLIVE』をあなたと一緒に創り、一緒に人に感動を届ける場を創りたい。

共創自分LIVEとは

草刈正年がファシリテーターを務め。6ヶ月間毎月1回セミナーでのワークショップと毎週1回のメールセミナーを行っていきます。

まず、自分が本当に伝えたい想いは何かを確かにしていきます。
その想いを人に伝えるために、自分の表現のカタチを創ります。
ありのままの今の自分を見せ、本音で語り合える仲間と共に成長する場を作ります。

自分の想いを伝える喜び
自由な表現で伝える楽しさ
見る人の心を響かせるLiVEイベントを創ります。

これは始まり。ここで得た自分の感覚を信じて自分らしく表現を続けていきます。

1.自分の中にある誰かに伝えたい想いを確かにする

IMG_1137
表現とは表現ツールが大事なのではなく、『何を伝えたいか?』を持つことが大事。
表現ツールはそれを行う手段でしかない。

表現ツールの情報が充満している今の世の中で、自分のやりたことがわからなくなっている人がいる。また、すでに自分で表現ツールを持っている人も、そのツールでの表現に慣れて充実感を持てなくなっている人がいる。

今一度。個々の心の中にある『自分が伝えたい想い』を確かにすることで。表現ツールに惑わされない、揺るぎのない自分の表現をやっていける自分になります。

2.自分の伝えたい想いを人に伝える自分らしい表現方法をつくる

gahag-0088193249
伝えたい想いを人に伝える伝え方。それは100万通りあります。
話すこと。歌うこと。アートすること。踊ること。書くこと。パフォーマンス。

ないもの探しをやめて今あなたが持っているあるものから探してみる。そしてあるものを持っていたらできることを追求し、さらに深いあるものを探していく。きっとそこには必ずあなたらしく表現できるアイデアやツールがある。

あなたらしいオリジナルの表現のカタチを見つけ、それをできる自分になります。

3.それらを参加者の仲間と共創する力によって共に成長する

IMG_4075
自分の想いを知る。自分らしい表現を知る。自分を知る。
自分を知るには他人を知ることが大事と考えます。

いい意味で影響する自分と違う人の価値感や世界感や個性や思考や哲学。
これらを出し合える場所とこれらに触れられる場作りをします。

そして、自分の中にある答えを出すのに他力の力を借りて自力を超える成長と発見を作ります。

4.自分達の表現で人の心を響かせ感動させるLIVEイベントをつくる

IMG_8038
『僕らは何のために表現するのか?』

それは自分が人に伝えたい想いを伝えるため。そしてその伝えたい想いを人に届け、共鳴して互いに幸せになる成長をして生きるため。

自分の表現は誰かがいて本当の自分の表現になる。

共に自分と向きあって自分の本当の表現のカタチを作り上げてきた仲間と共に。個々に自分が伝えたい想いを表現のカタチにして、それを人前で見せ、挑戦することで。人の心を響かせる場をつくる。

『共創自分LIVE~自分の伝えたい想いを自分らしく伝えるそれぞれのLIVE~」

自分の本当に伝えたい想いをうまくなくても下手でもいいから思いを込めて心をふるわせて伝え。見ている人にもその想いを届けて、人に伝えたい想いを取り戻すきっかけを作ります。

5.ここからが始まりだ!

sunset-86214_1280
僕らの本当の幸せというゴールは表現を発表する場じゃない。

自分の本当に伝えたい想いを表現のカタチにして、これからの日常で、そして人前で見せていくことだ。

なぜなら、僕らは自分を響かせただけでは満足しない。その響きを人に届け共鳴して、人が響くのを見た時感じた時に幸せを感じていく。

これを一人でやっていくのは時にしんどいかもしれない。

だけど、この半年自分と向き合いやってきた自信があなたにはある。
そして、一緒に向き合い、これからも成長しようとしている仲間がいる。

きっとその存在があなたにこれからずっと力をくれる。僕らの冒険に終わりはない。ここからがはじまり。

でも1つ違うのは。

いつ沈むかわからない船に1人で乗って大海原に出た旅が。気がついたら、自分の船も大きくなり。周りにたくさんの自分の旗を掲げた船達が互いを応援しながらいることだ。

さぁ!冒険を続けていこう!

講師プロフィール

prof
草刈 正年
くさかり まさとし

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
DSC_0152
IMG_5624
IMG_6331《草刈正年調戦歴》

●大学卒業後、5000人規模の会社にシステムエンジニアとして入社。200名の同期の中で最短でプロジェクトリーダーとなる。
●3年目。超激務な仕事でパニック症を発病し、実家でひきこもる。仕事に疑問を覚え、何かを変えたくて会社を退職。

●人生を変えたくて30ヶ国世界一周一人旅に挑戦し成功。その後師であるてんつくマンとの出逢いで路上詩人となる。路上やショッピングセンターで今まで約1万の人に即興で言葉を届けてきた。

●また路上詩人・書道パフォーマンス・作品作りを行う中で、教室をしてほしいとのお願いごとから、個性筆教室という独自の世界を構築。1000人を超える生徒さんに伝授してきた。

●路上で他人の自分に言葉を求めてくる人と出逢い今の時代の異変に気づき。人とのつながりを取り戻すをテーマに映画『降りてゆく生き方』の上映会を行い800人の動員を達成。

●またご近所さんが火事になった時に消せるつながりをというコンセプトで『ご近所さん祭り』というイベントで300人のつながり作りに成功。

●そこからの出逢いで障がい者施設が持て余す700坪の農地を借りて、100万円の出資を受けて、農業体験施設『つくるんだ村』を創設。自分がいない現在も存続し月に1回のイベントでは50人を超える人が来場する。

●今の時代大事なのは『つくるを取り戻すこと』という仮説にたどり着き。千葉県市川市から妻と1歳の子供を連れて京都府綾部市の限界集落に移住。お米作りにも挑戦し現在お米の自給率は100%。

●食べ物をつくりを取り戻したら、家造りも取り戻そうと、プロの大工さんから森から木を切る所から家を作るワークショップ『やってまおか計画』に挑戦し達成。

●そして次に仕事つくりを取り戻す。個性筆文字協会を立ち上げ、筆文字で人の個性や可能性を引き出すファシリテーターを約70人全国に育成する。

●しかし自由な成長を奪う協会という仕組みに疑問を感じ2016年協会を閉じ『個性筆』の著作権を放棄する。

●2016年より家族が3姉妹となり早くもひとりぼっちな時があるが、めげずにがんばって家での存在感も出しながら、新しい仕事の形に挑戦しようとしている。

伝えたいことに挑戦する姿を見せろ
DVC00384
僕は人が『やりたことに挑戦すること』を長年仕事として支援してきた。

路上詩人となって即興で書く言葉で1万人以上の人を応援し。
個性筆教室という筆文字教室で1000人以上の人を応援し。
個性筆文字協会を作り、約100人近くの人が筆文字教室の先生になるのを応援をしてきた。

そんな中。自分のやりたいことに挑戦するきっかけをつくるには、自分がやりたいことに挑戦する姿を見せることが一番良いのではないかと考えた。

自分の中にある答えを自分で出すきっかけ作り
IMG_6969
答えは自分の中にあるLIVEという。自分が伝えたい想いをやりたいことで自由に表現し、人に伝えるというLIVEに挑戦した。

答えを投げかけるのではなく。伝えたい想いを表現で投げかけることで、見た人が個々各々自分の解釈でそれを受け取り、自分の中にある自分の答えに気づいてもらう場を作った。

そこで僕はある冒険と挑戦をしてみた。

不完全なものに挑戦する姿を見せた
IMG_0965
書道パフォーマンス。トークライブ。インスピレーションで言葉を書く書き下ろし。

これらはもう何百回とやってきたある意味完成されたものだった。でもこれに付け加えて。

『いつかやってみたいこと』『挑戦してみたいこと』である、ギターで弾き語りという表現に、食事休憩の合間に挑戦した。

はっきり言って自分で聞いてもへっぽこ。不完全にもほどがある。だけど。「感動しました」と涙を流す人がいた。完成された表現では言われなかったのに。

そして、最近では感じてなかった自分の中の充実感を感じた。

不完全な冒険は誰かの冒険に火をつける
13627169_1040337262668544_8825421274545838760_n
「僕もまさくん見たいに歌に挑戦してみたくなりました!」
「私も何か自分でやりたことに挑戦することにしました!」

今までその言葉や行動を起こそうと支援しようとがんばってきたけど、自分がやりたいこを見せたらそれが一番伝わった感覚があった。

そして。そこで発表した人が。本当にそのLIVEの数週間後に同じ会場で人生初のLIVEをやり。

なんとその後、自分の歌のCDまで発売してしまった。(先を越された(笑))
15252554_1150115898357346_2078697322444510665_o

冒険した話をするのではなく冒険途中を見せる
IMG_6375
そうだ。僕1人でLIVEをやっていくんじゃなくて。色んな人のLIVEを見せたらその分だけ見た人はやりたいことを取り戻すはずだ。

そして。本当に自分のやりたいことにLIVEで挑戦した人は、きっと今までにない充実感を感じ、自分の表現に勇気と自信を大きく持てるようになる。

冒険の旅を終えた完成された表現のLIVEじゃなく。冒険途中の見たことない不完全な表現のLIVEをつくることで。

LIVEに挑戦する人も成長し、見に来た人も成長するきっかけになる場を作れるんじゃないか?そう思った。

人は応援することで自分を応援している
IMG_6628
人は誰かを応援したいんだ。人は誰かを応援しながら、自分を応援しているから。

人は誰かの挑戦を見た時、応援したくなる。

自分が本当に伝えたい思いを形にして、それを人にLIVEで表現して伝える挑戦。それはきっと人に感動を届け、あなたに大きな勇気と自信をくれる。

一緒に挑戦していこう!そして応援されてみよう。

そこには感じたことのない言葉にならないものがきっとある。

絆と成長を深める部活動

今回このプロジェクトは実は僕も様々な挑戦をしています。その中の1つが部活動という提案をこのコミュニティに伝えていくこと。そして三角の形のコミュニティから丸の形のコミュニティ作りに挑戦するということです。

僕は協会活動をしていく中で、トップダウンという三角を感じるコミュニティの形に不自由さと違和感を感じました。
部活動概念説明図-1

「これ作ったから使っていいよ」というこの形は。言われるのを待つ。できたものが来るのを待つ人を作りました。そして、やりたいと思っていることを自分で決めてやれない人を見て、何かを変えなければと思ったんです。

そして。三角から円の形のコミュニティー形成を考えました。
部活動概念説明図-2

「一緒にやろうぜ!」「一緒に作ろうぜ」という形です。

言い出しっぺの僕は作りたいものを作るきっかけとその場を作っていきます。でも、作っていくのは参加者1人1人が自分達で作っていくという形。

そして今回僕が理想とする形は。円の中に様々な円が生まれる場作りを目指しています。
部活動概念説明図-3

一緒に自分の想いに向き合って自分の表現を作ってLIVEをしよう!という投げかけた大きな円。その中に入ってきてくれた参加者さん達が、その大きな円の中で様々な自分がやりたいと思う小さな円を作っていく形。

それを。部活動という表現で考えました。

毎月行うセミナーとメールセミナーは学校の授業。

だけど今回は学校では『表現の力や技術』などの勉強や探求をする時間がない。だからここを任意で部活動を作ってやっていこうと思ってます。

例えば。もうすでに決まっているのが。

●即興力研究部
即興で表現することを研究し勉強する部活。
僕の書道の表現ではこれを常にやっているから、教えられる。書き下ろし講座という講座でも教えているけど、部活ではそれも教えます。オンラインビデオ電話での活動を考えてます。

●歌唱力研究部
歌の表現力を高めたい人が勉強し研究する部活。
参加者にボイトレの先生がいるので、先生になってくれないか打診中。先生がいなくても、カラオケに行って練習するとか歌を鍛える情報をシェアしていくなどやる予定。

●銭湯部
自分の思いを丸裸にするために丸裸で今思っていることを語る部活。
本当の自分とつながるには自分を緩め、ゆるんだ状態で本音を人と話す場が大事。お湯につかりながら自分の今の本音を人に出して気づきあう場を作ります。

他にも『電子書籍挑戦部』や『ギター部』という声が今あがっています。

自分が持っている力を共創自分LIVEという人が集まる集合体のコミュニティーの成長に与えていくという場作りの挑戦。

半年間限定の学校だけど。部活動を作って、学校の授業意外も勉強する場を作ったらどうかと?「こんなの勉強したい!」と誰かが投げかけ、それに反応する仲間がいたら部活を作る。

部活のコーチや先生は、自分達がやる。自分のできることで教えることができるものがあればそれを部活で教えていく。

そしたら、僕には教えられない、作れない成長の場を。参加者のみんなの力で無限に作っていける。これが共創と名乗っている場作りの提案の1つ。

16708247_1270986336311799_4866300761539350550_n

半年後に学校を卒業することになるけど。もしかしたら部活動は続いたりするかもしれない。

どんな部活とどんな共創の場が生まれるか楽しみです。

過去行ったワークショップに参加した人の感想

草刈正年が過去行った『自分の過去を信じ自分の好きを信じるワークショップ』に参加した方の感想を紹介させてもらいます。
このワークショップは共創自分LIVEの第1回目の時間に一部やります。

中西 一登さん[京都]

「発表する時は書いたことを読むんじゃなくて、その時の感じで話してみたらいい」

このアドバイス やってみたら なんかよかったです。

映画の時はついついメモしたことを読むのに意識が向かってたけど、アドバイスしてもらった後の本の時は 自分の感覚とか、聞いてくれてる人のほうに意識が向けられて聞いてくれてる人の反応も映画の時より、本の時のがよかった気がします。

山志多 涼子さん[福岡]

私は私を責めること、正しいを手放すことを目標に2016年の下半期を生きてきました。

そして半年過ぎた時、「自分を好きになりたい人の応援をする」ということがぼんやり頭に浮かんで来ました。今日の講座を受けて、「優しく、ユーモアのある言葉で、相手をくすっと笑顔にすること」そんな私の「好き」がはっきり掴めました。

人の応援が出来る自分になりたい人はたくさんいるので、その前に、そんな素敵な自分をもっと自分が応援しよう!
それを「エール筆ペン講座」と「工房つまんでひょん」の活動として、今年の挑戦課題に決めました!(今)

大西 伸哉さん[沖縄]

じぶんの好きなものをみんなとシェアしていく中で、じぶんじしんが日々の日常や仕事でも、大切にしている価値観が浮かび上がってきてびっくりした。

じぶんの中に今までもあったけど、

言葉にできていなかった『じぶんの好き』や『大切にしたいこと』を言葉にできた気がしてすごくうれしかった!!!

アイオナさん[北海道]

《ツールではなくテーマで生きる》というメルマガでのお話が興味深く、どんなワークショップになるのかとても楽しみでした。

自分の好きな映画と好きな本をそれぞれ3つずつ選び、何が好きなのかどんなところが好きなのか、一人ずつコトバにしていきました。自分の中の共通のテーマが浮かび上がってくるんです。

他の人の《好き》と自分の《好き》が違っていて、それを言葉で聞くと自分の価値観、私は何を大切にしているのかな?っていうのが見えてくるんですよ。

私の場合、知っていたけどちょっと封印していたことが、浮かび上がってきて、えーーーっ、それ!?

いや、知ってるけどね、知ってるけどね・・・

「大切なモノはね、本当は目には見えないんだよ。」 by 『星の王子さま』

共創自分LIVEにめっちゃ行きたいんですケド、内地に住んでいたら即行で申し込んでますわ。

共創自分LIVE内容

1
・他力で互いの成長を倍速にする共創仲間作り
・自分の過去を信じる大前提
・過去すべてを幸せに変える幸せの魔法
・人に影響を受けない自分の表現作りは自分の好きを知ること
・自分の好きには過去のすべてにヒントがある
・他人の好きを知り自分の好きを知る

表現には自分の思想や哲学が大事になってきます。

思想や哲学というと難しく感じる人もいると思いますが、自分の好きというのをシンプルに知ることでそこに近づけるようになります。またこの自分の好きを知らないと他人の価値や世界感に影響を受けたりもします。

ここでは今の自分の好きを応えられる自分になり、その好きな視点から物事を見たり捉えられ表現できる自分になります。

2
・今の自分が大切にしたい行動指針は過去の応援にある
・ツールではなくテーマで表現する
・自分が燃える人パターン
・やりたいは自分が生きる上で大事にしているものにあり

自分が人に伝えたい意思、思想、役目。これがまったくないと表現ツールに振り回される人になってしまいます。ここでは、ツールではなくテーマで生きる自分になる。自分にとって表現のテーマとは?について自分の言葉で話せる自分になります。

3
・人生を変えてくれたひとこと劇場
・自分を響かせる伝えたい想いを体現するグループ劇団ワークショップ

自分の好きを知り、自分の表現のテーマを知ったら、心の中においておくのではなく、出してみることをします。イメージだけではなく役者となってなりきってみたらどんな感じを受けるのか?その時の気持ちが自分の行きたい表現のカタチへの道標となります。

ここではグループワークで様々な劇を作ってもらいます。そして、そこで自分のなりたい姿を演じたり、自分のなりたい人物像のカタチを体感し、日頃からそれを出していける自分に変わります。

4
・表現の自分の意を共創するワールドカフェ
・表現ツール×伝えたい想い=自分の表現のカタチ
・風水師が師から学ぶ見立ての法とは
・ただのものが意味づけによって命が宿り物語が生まれ人に伝わる
・紐解き力が表現の発信に力をくれる

表現者は『見立て』『意味付け』『紐解き』という力を使って答えではなく、自分の中にある答えに自分で気づかせるきっかけを投げかける力があります。この表現三種の神器を体感体得して自分が表現していきたい世界感を出していける自分になります。

そして、その力で自分のテーマを人に伝える表現のカタチを作りをします。仲間とアイデアを出し合い共創の力で互いの表現の形を創発します。

5
・プレ表現+共創支援

おそらく多くの人が自分で作った表現のカタチを最初から自分全開で表現することは難しいでしょう。ドキドキするし、怖かったりすると思うから。

ここでは互いに作ってみた表現を仲間に披露し、もっとその人の表現がよくなるために、仲間で応援し合う時間を作ります。この先にあなたの本当の表現が眠っています。

6
・自分共創LIVEイベント

『共創自分LIVE~自分の伝えたい想いを自分らしく伝えるそれぞれのLIVE~(仮)」という、自分が人に伝えたい想いをそれぞれの表現のカタチで発表し、人にやりたい伝えたいという想いを取り戻すイベントをみんなで作ります。

イベント運営やプログラム、ステージ進行まで自分共創LIVEの仲間とみんなで作ります。この経験によって自分の表現を自信を持って人に出していけるようになり。人に影響を与える人に成長し活躍する人になっていきます。

※各種絵の提供は参加者の『結び絵手紙の大和田悦子さん』が提供してくれました。ありがとうございます。

共創自分LIVEイベントとは?

nihonbashi-hall-1-large
『共創自分LIVE~自分の伝えたい想いを自分らしく伝えるそれぞれのLIVE~(仮)」というイベントを企画して、そこで最後に参加者みんなでそのイベントを作ります。
100人くらいの人が入れるイベント会場を用意し、参加者みんなでプログラムや集客、イベント運営を行います。

発表方法

自分の表現を発表する方法として以下のような発表の場を考えています。

●イベント会場のステージで発表する

自分が作った表現方法で一人約10分くらいで人前で自由形式で表現する。
書道パフォーマンス、歌、ダンス、詩の朗読など、表現方法は多種様々。講座で考えて作った自分のやってみたい表現で挑戦してください。

※グループ表現もありです。一緒に書道パフォーマンスをしたり、歌やダンスをするのも可。(共創自分LIVEに参加してない人を同伴するのも可)

●イベント会場の会場ブースで発表する

イベント会場にもよりますが、会場にブースを出して自分の表現を人前で挑戦する場を作ります。

●裏方表現で発表する

世の中には人前に立つ人を影でサポートする表現者もいます。
イベントで言ったら、司会や音響や照明など。はたまた色々な人をサポートする表現があります。ステージに立たなくても裏方で表現者をサポートする表現に挑戦する人はそんな方法も考えてみてもおもしろいです。

これらのカリキュラムは講義よりもワークショップ中心となります。一方的に教わるってインプットするのではなく、インサイドアウト。自分の中にあるものを出していくことで参加者同士が気づき合い学んでいく場を提供します。

そして、この実践プログラムと毎月半年間のリアルセミナーの他に、こんなものも用意してます。

全27回半年間毎週メールセミナー

office-581131_1280
共創自分LIVE参加者さんのみへ、毎週1回メールセミナーをお届けしていきます。

リアルセミナーでの学びの時間がより強く加速するように、そしてその場から生まれたいい気づきや学びのシェアの循環を毎週メールにてお送りしていきます。
これによってさらに学びが深まります。

そしてさらにこれもします。

半年間無料メールサポート

mailbox-1819966_1280
半年間いつでもメールで疑問や質問をお寄せください。

随時返答はできませんが、1週間でいただいた質問などのメールは毎週1回決まった曜日にすべて返答させてもらいます。
これによって課題やつまづきで止まっているものをすぐに解消するきっかけが生まれたらと思っています。

この共創自分LIVEをやる僕の意気込みが伝わって来ましたか?
そして場合によってはこんなこともやります。

無料WEBビデオ電話ZOOMによるWEBビデオサポート

スクリーンショット 2017-01-28 21.06.18
必要とあれば無料WEBビデオ電話のZOOMというアプリを使って、サポート講座やサポートミーティングをやります。
特に、ステージ作りのイベント企画の中心に携わる人とは多くこの機会があると思います。
現在決まっているのは、第1回のリアルセミナーの前に、オリエンテーションで参加者同士の自己紹介をこのWEBビデオ電話を使ってやる予定です。

まとめると・・・。

全6回半年間毎月4時間リアルセミナー自分共創LIVEカリキュラム

IMG_4002

全27回半年間毎週メールセミナー

office-581131_1280

半年間無料メールサポート

mailbox-1819966_1280

無料WEBビデオ電話ZOOMによるWEBビデオサポート

スクリーンショット 2017-01-28 21.06.18

となります。

開催日程と場所は東京と京都で毎月開催します。

【第1期】共創自分LIVE募集情報

東京日程と詳細

会場:第1回~第5回
人形町セミナールーム(お申込者に詳しい場所と入室方法をお伝えします)

●東京メトロ半蔵門線「水天宮前駅」6番・8番出口 徒歩2分
●東京メトロ日比谷線「人形町駅」A2出口 徒歩3分
●都営浅草線「人形町駅」A3・A5出口 徒歩5分

第1回:3月18日(土):13:00~17:00 リアルセミナー&ワークショップ
第2回:4月15日(土):13:00~17:00 リアルセミナー&ワークショップ
第3回:5月14日(日):13:00~17:00 リアルセミナー&ワークショップ
第4回:6月17日(土):13:00~17:00 リアルセミナー&ワークショップ
第5回:7月23日(日):13:00~17:00 リアルセミナー&ワークショップ
第6回:8月19日(土):10:00~17:00 イベント会場でみんなで自分表現LIVE!

定員:20名

京都日程と詳細

会場:第1回~第5回
オフィスゴコマチ 大会議室
京都府京都市下京区御幸町通り四条下ル大寿町402番地 四条TMビル

●阪急京都線 河原町駅(10番出口)徒歩約2分
●京都市営バス 四条河原町 徒歩約5分
●京阪電鉄 祇園四条駅 徒歩約5分
●京都市営地下鉄烏丸線 四条駅 徒歩約7分
●阪急京都線 烏丸駅 徒歩約7分
●京都市営地下鉄 東西線市役所前駅 徒歩約13分
●地下道からは10番出口スグ

第1回:3月26日(日):13:00~17:00 リアルセミナー&ワークショップ
第2回:4月29日(土):13:00~17:00 リアルセミナー&ワークショップ
第3回:5月21日(日):13:00~17:00 リアルセミナー&ワークショップ
第4回:6月24日(土):13:00~17:00 リアルセミナー&ワークショップ
第5回:7月30日(日):13:00~17:00 リアルセミナー&ワークショップ
第6回:8月26日(日):10:00~17:00 イベント会場でみんなで自分表現LIVE!

定員:20名

半年間毎月一緒に会って成長する仲間とのつながりも楽しみにしていてください。

そして価格ですが。

8年間。人のやりたいことに挑戦するきっかけを作ってきた僕の集大成を盛り込んだ講座です。協会のインストラクター講座は1日5万円の価値を作って届けてきました。

今回はそれに付け加えメールセミナーと半年間メールサポートもつけてます。なのでそれと同等に見積もっても。

5万円×6ヶ月で30万円(税抜)です。

しかし、高額になると参加もしずらいと考えました。

ただ。毎月の東京と京都への出張経費や場所代などを考えると、実はかなりこれをやるのにお金かかります。最後のイベント会場も場所によりますが借りるのに数万円、イベント経費でさらにかかると見込まれます。

そこで限界の安値に挑戦して。

2万円×6ヶ月で12万円(税抜)とします。

だけど。今回は本当に自分がはじめてやる試み。第1期です。人生を変えるほどの半年にする自信はあるけど、講座は僕も様々な仮説での実験が多く入ります。

そしてここで多くの成功体験を作ることがさらにこの講座の次にもつながってくると考えました。

なので。もう永遠にやらないと思いますが。

毎月1万円。半年間で64800円(税込み)

でやることを決めました。

赤字覚悟ですが。ここで多くの成功体験が作れたらと決断しました。この過剰なお得な価格決定の理由は、今回で次につなげる多くの成功体験を作りたいからです。

なので次はありません。第1期という今回だけの最後のこの価格での提供です。

第1期という今回だけのこのタイミング。どうぞご利用してもらえたらと思います。

h-commit
以下の2つのお支払い方法を用意しました。一括払いはクレジット決済か銀行振込を選べます。どちらかのお支払の方法をクリックしてリンク先のフォームよりお申込みください。
申込は終了いたしました。ありがとうございました。

 

共創自分LIVEがまだあまり理解できてない方へ

このホームページは出来る限り伝えたいことは書いてますが、伝えきれていないものがたくさんあります。
僕の友達のなかにいがこのページを読んで、このページだけではわからない疑問を聞きたいということでその疑問に答える対談動画を撮りました。
文章では伝えきれてない、なぜこの半年講座をやるのかという部分を語らせてもらいました。

今参加に悩まれている人。
いまいちこの講座の内容がわからない人。

どうぞこちらの動画をご覧ください。

 

よくある質問

全部のセミナーに参加できないかもしれません。どうしたらいいですか?

セミナーは毎回音声収録をさせてもらい、参加者全員に後日配布させてもらう予定です。参加した人も復習に。そして参加できなかった人も聞けるようになればと思っています。
ただ、毎月のセミナーはワークショップがいくつか入ってきます。ワークショップはグループ分けなどで各グループの録音などはできません。
全体での講義と、全体でのグループワークのシェアを録音させて配布させてもらう形となります。

LIVEは歌わなきゃいけないんですか?

LIVEという名ですが、楽器演奏や歌だけではないです。書道パフォーマンスやダンス、即興アート、朗読、それ以外も表現のカタチは無限にあります。
自分らしい自分がやりたい表現のカタチを半年間で自分と向き合い、講座で作っていって、自分らしい表現のカタチでLIVEをしてください。

最後のステージはどうしても出ないといけませんか?

6ヶ月目のLIVEステージは基本参加してもらいますが。どうしても嫌なものを無理やりやらせても意味はないので参加は任意です。
裏方などの支援表現もあるので半年間で一緒に考えていきましょう。

小さい子供がいるんですが、子供同伴はダメですよね?

僕の講座は基本子供はOKとしています。ただ、周りの人の邪魔になったりするのが想像できる場合は迷惑になるのできびしいです。
基本は小学生以上で、1人で遊び道具や時間を潰せることができる、もしくは一緒にワークショップに参加するなどできればOKです。
そういう場合はご相談ください。

セミナー中の録音録画はしてもいいですか?

はい。録音録画はご自由に行ってください。そしてどうぞ自分の成長にお役立てください。

 

h-commit
以下の2つのお支払い方法を用意しました。一括払いはクレジット決済か銀行振込を選べます。どちらかのお支払の方法をクリックしてリンク先のフォームよりお申込みください。
申込は終了いたしました。ありがとうございました。

 

追伸

参加しようか迷っている。

もし今あなたがその心境なら。

心は『やりたい』って言ってる。

迷いとは、心という魂が求めることを、頭という思考が止めようとして起こっている。

でも。それは大事な時間だと思う。人間なんだから。
悩むということは、今の自分の答えを出して、前に進むこと。

大事なのは今の自分の答えを出して決めること

この共創自分LIVEという情報によって。
もし迷いが現れたら、それに対して逃げずに自分で答えを出してほしい。

「私は今回参加しない。なぜなら●●だから。」
「私は今回参加する。なぜなら●●だから。」

この答えを出さずに迷ったまま終わってしまったら。
きっと違う形や情報でまたあなたに同じような迷いがやってくる。
人間世界はそんな形になってる。

その選択があってるか、まちがっているかなんてわからない。

選択に意味はない。
大事なのは選択した後何をするか。

今のその迷いと、今回で決別してみてほしい。
参加しても、参加しなくても、自分で決めることがここでできたのなら。
僕はこの講座と情報を作りあなたに届けた意味があったと思う。

自分の今の答え。出してみてください。
そしてもし、参加すると決めたのなら、僕はあなたを全力で応援します。
その準備はもうできてますから。

 

共創自分LIVE通信

共創自分LIVEは8月19日【東京】、8月26日【京都】で『共創自分LIVE~自分の伝えたい想いを自分らしく伝えるそれぞれのLIVE」というイベントします。
それに向けて参加者が共創しながら自分の表現づくりをしていきます。
その途中経過やそこから生まれる自分の表現を生み出すきっかけや、生まれた物語を不定期でお伝えしたいと思います。

今回共創自分LIVEに参加できないけど、応援したいと思ってくれている人。自分のやりたい表現とは?自分の伝えたい思いとは?そこら辺に興味がある人はぜひ登録して共創自分LIVEのメンバーの実践の学びのシェアをお楽しみに。


Copyright© 2017 共創自分LIVE!見たことのない自分をつくりみたことのないLIVEをつくる6ヶ月の冒険!. All rights reserved.