筆文字で人生も仕事も変革せよ!

千と千尋の神隠しから学ぶ名前の重要性

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

● 千と千尋の神隠しから学ぶ名前の重要性

おかげさまで。汚いとおもっていた字が人に喜ばれる筆文字になる個性筆教室の草刈正年です。

DVDを購入さた『パステルアートと天使たちがあつまるお部屋』の優羽さんから感想をもらいました。

DVDはこれからみます☆なんかもったいなすぎて観るのが惜しいくらいです。

ここでひとつ前々から考えていたことをもう一度見直そうと考えました。

それは「名前」です。

私はパステルアートインストラクターをしていますがそれに名前をサインするとき「yuko」と本名を書きます。

「優羽」というアーチスト名を作ったもののやはり「裕子」がしっくりくるのか・・・。

趣味の延長で「声優」みたいなこともしているのでその場合は本名は使いません。

もちろんリアル年齢などバレないようにしています(笑)なので本名を使うことがとてもコワイと思っていました。

が、

今日まささんから「裕」の印をいただいてすごくうれしかったんですよね。

やっぱり「自分」だから。

ちょっと名前についても、自分が何をしていきたいのかじっくり考えてみたいと思います。

名前はとても重要です。たとえば千と千尋の神隠しという映画は見方によっては名前を大事にした話ともいえます。

主人公の千尋は不思議な世界に迷いこみます。そこは欲望だらけの世界。

千尋は魔女から「尋」という字を奪われ、「千」という名でその世界で生きることになります。

しかし、元の世界に帰る時、奪われていた「尋」という字を思い出し、「千尋」となって元の世界に帰っていきます。

名前は自分を迷わなくする大事なメッセージなのだと僕は思ってます。だから教室では自分の名前をたくさん書いてもらいます。

自分の名前を好きになったらその人は変わると思っているからです。

「なんか私じゃないみたい。」

「こんな私がいるんですね。」

「筆文字をやっていたらどんど自分が好きになりました。」

うれしい言葉をたくさんいただいてます。名前を大切にしていきましょうね^^

名前も好きになれて、筆文字も学べちゃう無料体験をするならこれをやってみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 筆文字革命-筆文字で人生も仕事も変革せよ- , 2014 All Rights Reserved.