筆文字で人生も仕事も変革せよ!

ことばの使い方が筆文字を変える

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

● ことばの使い方が筆文字を変える

おかげさまで。草刈正年です。

無料ビデオセミナーで自分が限界と感じている事を課題で提出してもらってます。

今回はfelice@お喜楽極楽さんからこんなメールがきました。

こんばんは(^^)/

自分が限界だと感じている事。う~~ん(>_<)

この質問で気づいた事は限界を感じる前に「自分には無理だ」とやめてしまっている事が多いなぁと見えてしまいました。

何だか深いぞこの質問(*^_^*)

自分を見つめるいい機会です。ありがとうございます。

「自分には無理だ」と決めていること。これってよくありますよね。

ただ、これってもったいないです。僕の教室のテキストの表紙にこんなことばが書いてあります。

筆文字テキスト

どんなふうにかんちがいするかで人は変わってきます。例えばこんな話も教室で時々します。

悪魔のことばを使わないこと。

悪魔のことばとは「でも」ということばです。

「でも」自分は書くのが苦手だから

「でも」自分に自信がないから

「でも」自分にはできないから

これを使うと、なんでもやらなくなってしまいます。なので僕は代わりにこれを使っています。

「こそ」ということば

自分は書くのが苦手だから「こそ」

自分に自信がないから「こそ」

自分にはできないから「こそ」

「でも」と「こそ」のちがいで人生は大きく変わります。

自分には無理だから「こそ」…

この…は自分で埋めてみましょう!きっと昨日とちがう今日になると思います^^

哲学みたいな話ですが、実は僕のやっている筆文字の教室はこんな話ばかりします(笑)考え方を変えれば個性なんて、味なんて、表現なんて、いくらでも出せるからです。

ことばの習慣を作るのはここでしつこいくらいに学べます。そして今年は残り後4名のみの参加となります。先行紹介は今日までです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 筆文字革命-筆文字で人生も仕事も変革せよ- , 2013 All Rights Reserved.